ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を自分で治し、もっと美しい肌を手に入れる!

ニキビ跡ケアの3つの非常識

ニキビ跡を治すための3つの非常識

「ニキビ専用」が効くとは限っていない
化粧品の中には「ニキビ専用」のものがありますが、こうした商品は「ニキビを治すものではない」ということに注意です。
これらのものは、ニキビを予防する効果が期待できるものであって、出来てしまったニキビやニキビ跡の改善には効果がないものが多いです。

 

病院はニキビ跡ケアはしてれない
病院の皮膚科はニキビ改善のための薬の処方は得意ですが、ニキビ跡のケアやその人の肌にあったパーソナルケアは苦手です。
ニキビ改善薬として有名な薬も確かにニキビ自体はなくなりますが、急激に改善されるためニキビ跡が残る場合が多いです。

 

ニキビ跡ケアは半年以上かかる?
フェイシャルエステなどに通うと回数が少ないために長期間要する場合がありますが、毎日のお手入れをこまめにしていけば、1ヶ月程度で改善の兆しが見られる場合があります。

 

美しい肌になるためのグッズ

ビーグレン

30日間で毛穴知らずのなめらか肌を目指す!
化粧水だけのケアがうまくいかないた方へ

ビーグレン

ゴシゴシ洗わず、余分なものを取り除くクレイ洗顔

 

保湿ローションで保水力を高め、肌の内側からのハリと弾力を取り戻す

 

皮脂の酸化が原因の毛穴の悩みに効果的な、ビタミンCたっぷりの美容液

 

ビーグレン公式サイトへ

 

 

エステナードソニック

美肌・引き締め・エイジング。お肌の悩みの全てに
肌をなめらかにする、「保湿」が簡単に自宅でできる

エステナードソニック

美容成分をお肌の角層深くまで届けるイオン導入

 

超音波トリートメントで、たるんだ毛穴をリフトアップ

 

水溶性ビタミンCのジェルでシミの元、メラニンにも立ち向かう。

 

エステナードソニック公式サイトへ

 

 

ニキビ跡を諦めるのはまだ早い

もう跡にまでなってしまえば、なかなか自分では元のキレイな状態のお肌に戻すのも大変なニキビ跡ですが、実際未だ諦めるのも早いです。
肌は日に日に生まれ変わろうとターンオーバー(皮膚再生)を繰り返しています。
ですので、自宅でのケア方法次第では、改善への道はいくらでも広がります。
主に大事だとされていることは紫外線をカットすること。紫外線の強い時期でなくても秋〜冬の時期でも紫外線は降り注いできます。何故紫外線がニキビ跡に良くないかと言われると、ニキビ跡は紫外線の耐性に弱くシミや色素沈着を引き起こしてしまうからです。
また、色素沈着予防に美白を促す成分の入った化粧品を使うのも良い手段とも言えます。
そして、陥没をして肌に凹凸になっているタイプですと、細胞まで傷ついている可能性もありますので、化粧品での改善は難しいと言えます。
先程触れたターンオーバー(皮膚再生能力)がありますがニキビの跡の陥没は、肌が再生する
ための細胞分裂を行う細胞までも破壊されてしまっているので、新しい皮膚が作られなくなってしまうからです。
けれど、もし陥没したニキビ跡でも諦めずケアを怠らないようにしましょう。
やはり、大事になってくるのは紫外線や外的要因からのケアです。
皮膚を健康な状態に保って、お肌に刺激を与えないように紫外線をなるべく浴びないようにしてお肌を守っていくことで、少しずつでも改善されていくと思います。
とにかくお肌に負担のかからないことを重点的におき、やさしいケアをしていくことが大事だとも言えます。

 

主に美白というと、アルブチンなどの成分も思い浮かべます。
実際私もニキビ跡に悩んだ時期に効果を実感出来たのがシコンエキス配合のものでした。
人間一人一人顔が違うように、肌質も一人一人違うので「一概にこれが良い」とは言えまが、こちらシコンには美白作用もありますが優れた抗炎症能力を持っているそうです。
まず、自分にあった化粧水選びもとても重要になりそうですね。

 

 

ニキビ治療にお困りの方はこちらを御覧ください。
大人ニキビが治らない!やってはいけない治し方
http://xn--n8jp4g9e8gxg5b7087e.net/